行政書士試験の合格率とは

行政書士試験は2006年度から制度が変わりました。
したがって、昔に試験を受けたことのある人から試験の難易度の話を聞いたとしても参考にはならないため注意しましょう。

国家試験はきちんと学習をしていれば解ける問題ばかりですが、効率の悪い勉強法をしていたり、そもそも勉強時間が不足している場合は落ちてしまう可能性は高いです。


法律の知識を問う問題から、法的思考を試されるような問題もあります。法律に関して本質的に理解をしているのかどうかを問うてくるため、表面的な知識しか持っていない方は合格するのは難しいでしょう。


行政書士の合格率というのは、他の資格と比較すると社労士とよく似ています。どちらも生半可な理解では合格することができないため、試験勉強を真剣に取り組む必要があります。


ただし、合格率が低いからといって自分には無理だと初めから諦めるのは止めましょう。
試験を受けている人の中にはほとんどまともに勉強していないような人も含まれています。合格率が一桁だからといって、絶対に合格することができないわけではありません。効率が良くて、効果的な学習を進めましょう。そうすればきっと合格できます。

独学で合格を目指す方はこちら